サイババのブログ

インターネットで本当に稼げるのか?ブログ収入 旅行 趣味 スノーボード グルメ

汁なし担々麺のルーツを知り。カップ麺で広島式汁なし担々麺を味わう!

f:id:ryu3188:20190830234213j:plain
「広島式汁なし担々麺」サンヨー食品
f:id:ryu3188:20190830234332j:plain
かやくと後入れの調味だれと特製スープが付いています。
f:id:ryu3188:20190830234519j:plain
出来上がりです。
見た目にも赤くとても辛そうです。花椒の強い香りが食欲をそそります。

麺は細麺でスープがよく絡んでいます。辛さが苦手な方は、特製スープの量を調整した方が良いと思います。

刺激の強い辛さで、ビールが飲みたくなりました(笑)

汁なし担々麺のルーツは汁あり担々麺!

中国の料理人が日本人向けに作った担々麺が、みなさんの知っている汁のある担々麺ですが、担々麺発祥の地である四川省では、汁のない担々麺が一般的です。

四川省の担々麺に独自のアレンジを加えて誕生したのが日本の汁なし担々麺です。

甘味、酸味、塩味、苦味の味の基本である五味に、唐辛子の辛味、花椒の麻味を加えた七味が使われているのが特徴。店舗によっては山椒を使うお店もあります。

山椒や花椒が苦手な方の為に、小瓶に入れられた山椒や花椒を後入れて出来るお店もあります。

汁なし担々麺を調べてみますと、3つのタイプがある事がわかりました。「東京式」「成都式」と、
独自の発展を遂げた「広島式」です。

「広島式」汁なし担々麺の代表格

元祖は2001年に創業した「きさく」と言われています。
「きさく」
https://s.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340120/34000159/top_amp/

2010年頃からの汁なし担々麺ブームで頭角を表したお店が、「くにまつ」です。
「くにまつ」
https://s.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34012022/top_amp/

「くにまつ」はレシピをお店に置いており、どうぞ御自由にお作り下さいと、自信に満ちた戦略で多くのお店が参考にしています。これにより、広く汁なし担々麺が広まっていきました。

汁なし担々麺は、トッピングとして温泉卵を入れる方が多く、〆は少し麺を残した器に、ご飯を入れて食べるのが大人気です。

汁なし担々麺には、周期的に食べたくなる魅力があります!

【おすすめ】広島で人気の汁なし担々麺のお店
「キング軒」がカップ麺で味わえます!